東京都内で開催される定番のイベントやおすすめのイベントを紹介します

【お薦め&必見!】東京イベントガイド

伝統文化 浅草

【浅草寺 羽子板市】「納めの観音」として12月17日から19日に開催される江戸風情を現代に残す年末の風物詩

投稿日:

「羽子板市」ってどんな市なの?起源は?由来は?

hagoitaiti1
神社仏閣で開かれる「市」は参拝人の集まる日、縁の日に、近郊に在住の人々が
日用品等の売り買いをしたことが起源で、「歳の市」はその歳の最後に開かれる
締めくくりの「市」のことを言います。
江戸時代に毎年12月の17、18日に正月用品や縁起物を売る店が境内に集まり、
それらをこの市で求めることを吉例とした人々で賑わう江戸随一の市として
その名が知れ渡っていました。

スポンサードリンク

「羽子板市」は、その「歳の市」が名前を変えて現在に形を残している「市」で、
江戸時代には年末に邪気除けとして羽子板を贈った風習あったそうです。
江戸時代の羽子板に描かれた図柄は、松竹梅や七福神といった縁起物に
元禄文化を反映した歌舞伎役者等々。
明治時代に歌舞伎黄金時代が到来すると九代目団十郎、初代左団次、五代目菊五郎等の
押絵や挿絵羽子板が登場し、江戸工芸、職人芸として完成していったそうです。
現在では社会風刺や時事ネタ、人気タレントがモチーフになった
様々な変わり羽子板も人気となっていて、見て歩くだけでも十分に楽しめちゃいます。
hagoita2016ac2
hagoitaiti4

羽子板市の開催日程、時間は?

羽子板市の開催日は12月17日から19日の3日間。
時間は9時から21時までで最終日となる19日は20時半までの開催となります。

羽子板市が開催されるのは?

羽子板市の開催会場となるのは浅草寺の境内。
約30軒の羽子板の露店が並び多くの人で賑わいます。
hagoita2016ac3

浅草寺へのアクセスは?

都営地下鉄浅草線の浅草駅ご利用の場合~A4出口より徒歩5分
東京メトロ浅草線の浅草駅ご利用の場合~1,2,3番出口より徒歩2,3分
東武スカイツリーラインの浅草駅ご利用の場合~徒歩約7,8分
つくばエクスプレスの浅草駅をご利用の場合~雷門までは少し歩くことになります

スポンサードリンク

-伝統文化, 浅草

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 【お薦め&必見!】東京イベントガイド , 2020 All Rights Reserved.