東京都内で開催される定番のイベントやおすすめのイベントを紹介します

【お薦め&必見!】東京イベントガイド

くらやみ祭 まつり(神社) 大國魂神社

【大國魂神社 くらやみ祭】東京都の無形民俗文化財に指定された、長い伝統と格式を誇る例大祭

投稿日:

スポンサードリンク

武蔵国の総社である大國魂神社で行われるくらやみ祭とは?

大國魂神社のウエブサイトより

大國魂神社のウエブサイトより

「くらやみ祭」は千年に及ぶ歴史を持ち、神輿や大太鼓、山車の巡行等が
行われ、70万人もの人が訪れる壮大なスケールの神事です。
ここではそんな伝統ある、府中を代表する祭りである「くらやみ祭」の
詳細、見どころについて紹介します。
kurayamimaturi3

くらやみ祭という名称の由来は?

先ずは、なぜ祭が暗闇で行われるかという理由について。
これは、「貴いものを見る事は許されない」という古来からの儀礼に起因。
神聖な御霊(みたま)が神輿に移られるところは人目に触れる事のない
暗闇で行われなければならないという伝統を引き継いでいるから
との事だそうです。

スポンサードリンク

長い歴史と伝統を持つ「くらやみ祭」ですが祭事の進行は時代背景に応じて
柔軟に変化。
江戸時代には神輿渡御は23時ごろ開始され、翌日午前3時〜4時頃に神社に戻った
そうですが、1959年に16時渡御開始、翌午前4時に還御開始と改められました。
その後、2003年には18時に渡御開始になったそうです。
現在は18時から渡御開始で還御は午前4時から8時となってます。
これは周辺の交通事情を考慮しての事なんでしょうね。

くらやみ祭の開催スケジュールは?

くらやみ祭は毎年、4月30日から5月6日に府中市の大國魂神社と
その周辺で開催されます。
期間中、神輿や山車が出て賑わうのは3日から6日まで。
3日から6日は多くの屋台が出て祭のピークとなります。
以前は「見世物小屋」も人気でしたが数年前に
演者が代替わり。今年はどうなるんでしょうか?
(詳細が分かり次第、記事を追加更新いたします)

3日から6日は山車や神輿が周辺を巡行するために
交通規制が行われます。臨時駐車場等は設置されないので
当日は公共の交通機関を利用していただくことになります。
(こちらも詳細が判明いたしましたら記事を追加更新します)

kurayamimaturi1
4月30日~5月6日の神事の概要です

4月30日
品川海上禊祓式(汐汲み・お浜降り)
9時30分~15時30分
「汐盛り」とも呼ばれる神事で、神職一行が品川沖に赴き
手や口を海水で身を清めた後、清めの汐水を樽にいれて
持ち帰る神事です。
大祭期間中の朝夕潔斎時にはこの汐水が使用されます。
5月1日
祈晴祭
 9時30分
大祭期間中の安全と晴天を祈願する祭典です。
5月2日
御鏡磨式
19時30分から20時
神輿に付ける鏡を塩で磨き清める儀式です。
現在は磨いた後は神輿には取り付けず本殿に納められます。
鏡を磨く事によって神輿奉持者の心も磨き清める事を目的として
行われます。
5月3日
山車の競演
18時から20時
大鳥居前の馬場大門欅並木に各町の山車8台が出て
はやし立てます。 

競馬式(こまくらべ) 20時
旧甲州街道を一之駒から六之駒、6頭の馬が150mの距離を3往復します。

5月4日
御綱祭
9時
神輿に飾りの綱を掛けて神輿をお祓いする祭です。
祓いをしてから初めて神輿に綱が掛けられ
御霊がお移りになる準備が終了します。

萬燈大会 12時30分から14時
毎年制作する万灯の出来映えやそれを操る者の技や
力強さを競います。

子供神輿渡御 13時30分
子供神輿約20基が拝殿前に集まり、お祓いした後に
参道からけやき並木、町を練り歩きます。

太鼓の響宴 17時から18時
山車の巡行 18時から21時
大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を中心に、24台の山車が囃子を
競演しながら旧甲州街道を東西に巡行します。

5月5日
例大祭
10時
最も重要な祭儀です。拝殿で執り行われます。

道清め 13時30分
参道から御旅所まで、神輿・太鼓の通る道を
お祓いして歩く儀式です。

宮乃咩神社奉幣 14時
境内摂社の宮乃咩神社に行き、奉幣行事が行われます。

太鼓送り込み 14時30分
御先祓大太鼓を始めとする各宮の大太鼓が、各町内から隨神門内と
拝殿前に送り込まれます。太鼓は約1時間に渡って、
威勢良く打ち鳴らされます。

御饌催促の儀 15時30分
細谷・浦野両氏により神前への供え物を調理催促する儀式。

御霊遷の儀 17時20分
各神輿に本殿から御霊を移す神事。

神輿渡御 18時
花火の合図とともに6張りの大太鼓が打ち鳴らされ、
祭の最大の見所である神輿渡御(おいで)が行われます。
8基の神輿は白丁を身にまとった威勢の良い担ぎ手と大太鼓に導かれ、
御旅所まで渡御します。

坪宮奉幣 20時30分
境外末社の坪宮に奉幣の儀式を行う神事です。

野口仮屋の儀 20時30分
大國魂大神が当地に降臨したときに野口家に一泊の宿を求めた
という故事に基づいた事柄を具現する神事になります。
宮司と神職は野口の仮屋に向かい、主人である野口氏の接待を受ける
儀式を行います。

やぶさめの儀 23時
宮司は野口の仮屋から神馬に乗って御旅所へ戻り、その北門前で
馬上から弓を引き的を射る神事です。

5月6日

神輿還御(おかえり) 4時から8時頃
午前4時に御旅所を出た神輿が各分担町内を回った後で神社に還ります。
午前7時頃に各神輿神社大鳥居内に還御し、8基全ての神輿が
神社参道に揃います。

鎮座祭 9時頃
還ってきた神輿から御霊を本殿に納めて、無事大祭が終了した事を
報告してくらやみ祭の終了となります。(一般非公開)

くらやみ祭の見所と大國魂神社へのアクセスについて

約一週間に渡って開催される壮大な神事である「くらやみ祭」。
屋台が出て多くの人で賑わうのは3日から6日になります。
3日から5日は、大國魂神社境内に仮設トイレが設置。
クライマックスとなる5日の14時から20時は、
市役所に臨時救護所を設けられ看護師が待機します。


京王線の府中駅から徒歩5分又は
JRの南武線、武蔵野線の府中本町駅から徒歩5分

くらやみ祭の開催時には交通規制が行われるので
自家用車ではなく電車をご利用になってください。

スポンサードリンク

-くらやみ祭, まつり(神社), 大國魂神社
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 【お薦め&必見!】東京イベントガイド , 2020 All Rights Reserved.