東京都内で開催される定番のイベントやおすすめのイベントを紹介します

【お薦め&必見!】東京イベントガイド

代々木公園 季節の催し 小金井公園 花見 靖国神社

【2019年の東京の桜の開花日は?】定番の名所から知る人ぞ知る穴場まで!都内のお花見スポットをまとめて紹介

更新日:

気象予報会社によると2019年の桜の開花は3月20日頃

今年の冬は全国的に
暖冬だったこともあって桜の開花日も
例年以上に早くなりそうです。

民間の気象サービス各社の予想によると
東京の開花は3月20日から23日、との事
(予報会社により異なります)。

桜は開花から一週間後に満開になるそうなので
3月の末ごろには満開の桜が楽しめそうです。

今からお花見のスケジュールを調整しなきゃですね。

スポンサードリンク

東京都は、年ごとに満開の時期に多少の前後はありますが
桜の開花時期が3月の下旬から4月の上旬、と年度の変わり目と
リンクしているので、送別会を兼ねたり歓迎会を兼ねたり
新たなスタートを祝う集まりを兼ねたりと他の地域の人たちに比べて
桜の花見に特別な思い入れがあるように感じます。

また、ソメイヨシノは「東京都の花」として都内のほぼ全域に
植えられ年度の変わり目には都内の至る所で花を咲かせます。

東京都民にとって桜のお花見は特別なイベントなんですね。

本稿では毎年、多くの人が集まる「花見の人気スポット」と
知る人ぞ知る的な「花見の穴場スポット」をまとめて紹介します。

今年のお花見の会場選びのお役に立てていただけると幸いです。

代々木公園

sakurayoyogikouen
東京都の花であるソメイヨシノはもちろんの事、2月中旬ころに花を咲かせる
河津桜(カワヅザクラ)やウワミズザクラ、サトザクラ、オオシマザクラ等、
満開時期の異なる桜が植えられてます。
アクセスはJR原宿駅、東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩約3分。
小田急小田原線代々木八幡駅から徒歩約6分。
園内は火気厳禁。
▲目次にもどる

靖国神社

sakurahanamiyasukuni1
東京の桜の開花宣言の標本木があることで知られる靖国神社では
桜の開花時期に合わせて様々な神事、イベントが催されます。
2017年4月3日~5日は能楽堂で『第25回 靖国神社「奉納夜桜能」』が
開催(各日とも18時10分開場、18時40分開演)。
2017年4月13日(9時~15時頃)には相撲場で日本相撲協会 による
奉納大相撲が開催され、本場所では見られない初切りや相撲甚句等が奉納されます。
アクセスは東京メトロ東西線、半蔵門線及び
都営新宿線の「九段下駅」(出口1)より徒歩5分。
▲目次にもどる

井之頭恩賜公園

sakurainogasira
ライトアップされた夜桜を見るのもお花見の楽しみ方の一つですが
井之頭恩賜公園ならではの桜の楽しみ方はボートを借りて湖面から
桜の花を眺める事でしょう。
アクセスはJR・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩約5分。
▲目次にもどる

上野恩賜公園

sakuraueno2
東京都の花であるソメイヨシノを中心に1000本を超す桜が植えられ
200万以上の人が花見に訪れる都内随一のお花見の名所が上野恩賜公園。
JR上野駅の公園口を出てすぐ、というアクセスの良さも人気の元でしょう。
恩賜公園に隣接した東京国立博物館では、3月14日から5月7日までの期間限定で
「春の庭園開放」として本館の北側にある庭園を開放。
3月31日、4月1日、4月7日、4月8日の4日間は日没から19時半まで
ライトアップも実施されるので、いつもと違った「上野の桜」を楽しみたい方は
要チェックです。
詳細は東京国立博物館のウェブサイトまで。
▲目次にもどる

小金井公園

sakurakoganeikouen
都立公園としては最大級、80ヘクタールの広さを誇る小金井公園には
1800本の桜が植えられてます。
特に「桜の園」は約3ヘクタールに440本の桜が植えられていて
壮観なお花見ポイントになってます。
アクセスアJR武蔵小金井駅よりバスを利用。
2,3番乗り場から西武バスに乗車して「小金井公園西口」下車。
4番乗り場から関東バス「三鷹駅行」に乗車して「江戸東京たてもの園前」、
 「小金井公園前」、「スポーツセンター入口」で下車。
▲目次にもどる

新宿御苑

sakurasinjukugyoen
新宿御苑は「公益財団法人日本さくらの会」による『日本さくら名所100選』に
選ばれているさくらの名所です。
都内で、『日本さくら名所100選』に選ばれているのは、新宿御苑、上野恩賜公園、
隅田公園、井之頭恩賜公園、小金井公園の5か所で、いずれも「花見の名所」です。
ただ、新宿御苑は入園時間が16時まで、閉園が16時半と花見が可能な時間が短く、
酒類の持ち込みが禁止されているので比較的ゆったりと花見が楽しめるので
穴場として紹介しました。
アクセスは東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅、JR千駄ケ谷駅から徒歩5分。
JR新宿駅南口から徒歩8,9分。
▲目次2にもどる

国営昭和記念公園

sakurasyouwakinenkouen
東京ドーム38.5個分、総面積180ヘクタールと、東京都内にある公園の中で
一番の広さを誇る国営昭和記念公園に植えられている桜は30品種、約1500本。
「桜の園」は園内のほぼ中央にあり、樹齢40~50年の大木が多く、
枝が座った人の目の高さまで垂れ下がっている様は壮観。
入園料は大人(15歳以上)が410円。小中学生は80円。
開園時間は3/1~10/31が9:30~17:00。11/1~2/末日は16時半閉園。
アクセスは
JR青梅線の西立川駅から徒歩2分(西立川口)
JR中央線の立川駅から徒歩約10分(あけぼの口)
          徒歩約15分(立川口)
JR青梅線の東中神駅から徒歩約10分(昭島口)
西武拝島線の武蔵砂川駅から徒歩約25分(玉川上水口)
             徒歩約20分(砂川口)

▲目次2にもどる

善福寺川緑地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
善福寺川緑地は杉並区の成田西、成田東、荻窪一丁目の善福寺川に沿って
整備された散策路、都立公園です。
隣接する和田堀公園とあわせて800本余りの桜が植えられています。
アクセスは東京メトロ丸の内線の南阿佐ヶ谷駅より徒歩で10分弱。都立杉並高校を
目指して頂くことになります。
荻窪駅からは「シャレール荻窪」行きのバスに乗車して「西田端橋」か
「シャレール荻窪入口」のバス停で下車して徒歩で5分ほど。
あるいは「五日市街道営業所」行きに乗車して終点で下車すれば徒歩0分。
中野駅から関東バスの「吉祥寺駅」行きか「五日市街道営業所」行きに乗車し
「善福寺川緑地公園前」で下車すれば徒歩0分。
鉄道の駅からのアクセスがあまり良くないこともあり
お花見の穴場スポットになってます。

▲目次2にもどる

中野哲学堂

中野区のホームページより

中野区のホームページより

哲学堂の桜はソメイヨシノを中心に約100本。
哲学堂公園へのアクセスは西武新宿線の新井薬師前駅から徒歩で12分。
又は都営大江戸線の落合南長崎駅から徒歩で13分 。
桜の開花時期の土日祝日には、サクラ広場の開園時間を延長。
18:00~19:00にライトアップが行われます。

▲目次2にもどる

東中野東口神田川四季の道

hanamikandagawa2
hanamikandagawa1
JR東中野駅周辺には西口側の線路沿いと東口側の神田川沿いの2か所、
お花見スポットがあります。
東口の神田川の桜は、駅から徒歩で2分ほど。北側の出口からも南側の
出口からも行くことができます。
神田川の両岸に桜が植えられていて南方向に歩いても北方向に歩いても
見事な桜が楽しめます。

▲目次2にもどる

今回は超人気の桜の名所と穴場的な存在のお花見スポットを
5か所ずつ紹介しました。
冒頭にも書いたように、都内には至る所に桜を楽しめる場所があります。
お馴染みの場所に行くも良し、はじめての場所で花見をするもよし。
今年もきれいな桜を見て心を和ませたいですね。

スポンサードリンク

-代々木公園, 季節の催し, 小金井公園, 花見, 靖国神社

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 【お薦め&必見!】東京イベントガイド , 2020 All Rights Reserved.